既卒の就活で苦労されている方に | 成功方法まとめ

*

面接対策は何をするの?

   

1.面接対策をしよう

 既卒者が最も欠けているもの、それは社会人経験です。それをハンデとせずに就活を成功させるにはどうしたらいいのか、何はともあれ面接対策をしましょう。履歴書も大切ですが、面接は直接顔を合わせ、生の自分を知ってもらえる重要な場。何の対策もせずに臨んでしまうと、その先に待っているのは恐らく就活失敗。逆にしっかりと面接対策ができていれば、例え学歴がたいしたことなくても、例え就職した経験のない既卒者であっても、それとは真逆の立場の就活者と遜色のない好印象を与えることができるかもしれません。対策がベストなものであれば、むしろ他の人よりもずっと採用される可能性が高くなるでしょう。それほど面接は重要なウエイトを占めているのです。就活の際の面接対策は直前にしてはダメ。学校のテストのように一夜漬けでやっても、多くの面接を行ってきた採用担当者の目はごまかせないのです。できれば数ヶ月前から少しずつ行うべき。その間に、正しいと思っていた面接対策が実はNGだった、なんて事実も出てくるかもしれません。そうした時に修正がきくよう、時間をかけて行っておかなければならないのです。

2.面接対策はどのようなことをすれば良いのか

 ただ時間をかけて行っても意味がないのが面接対策。中身が伴っていなければ対策も何もないですよね。面接の担当者から投げかけられるであろう質問に対する答えを用意しておく。それもできればオリジナリティがあり、しかし具体的で相手の心に響くような答えを考えておく必要があるでしょう。既卒者であるという立場も踏まえ、アピールポイントを考えておいてください。なぜ就職経験がないのか、社会人として真っ当な感覚を持っているかなどを面接官は見極めようとします。それらを言葉で示せるよう熟慮した上で面接に備えるようにしましょう。加えて、面接対策の中に「見た目」も入れておくこと。毎日鏡を見る癖をつけてください。これは面接だけではなく就活の際にも必ず役立ちます。頭のてっぺんから足先まで、清潔感があり社会人として恥ずかしくない格好かどうかを常にチェック。第一印象のアップは面接対策の筆頭と考えておいて間違いありません。その他、正しい日本語を駆使できているか、落ち着きはあるか、独りよがりではなく余裕のあるモノの見方ができているかなどもチェックされるので、それを意識し日頃から生活することを心がけてみましょう。

 - 面接の基本

  関連記事

どこにある?志望動機のコツ

将来のビジョンを踏まえた志望動機を  面接で必ず聞かれ、逃げることはできない志望 …

既卒の就職は面接後のお礼状で差をつけよう!

面接後のお礼状で社会人基礎力をアピール!  既卒の就職活動は、新卒時ほどスムーズ …

MS251_enshinbun500
面接後はお礼状を書く

①面接終了後にすべきこととは?  既卒の就活で面接終了後にまずすべきことは、振り …

kz0010009034l
面接当日の注意点

1.面接当日に気をつけることとは?  面接当日に気をつけることの中で最も気にして …

正社員になるまでに必要な準備も面接時に確認しておくこと!

聞ける範囲の労働条件  アルバイトとして働くのであれば、気に入らなければすぐ辞め …

面接できっと飛び出してくるであろう質問たち

「一番」に関する質問  面接で聞かれること(よくある質問)の中には、「一番」に関 …

審査対象となる面接時の入室と退室

入退室時の話し方も意識すること  あなたが面接官にかける第一声は、入室時の「失礼 …