既卒の就活で苦労されている方に | 成功方法まとめ

*

既卒の就活の5つのSTEP

 既卒生の就職事情は、そこまで厳しいものではありません。企業もそうした境遇の人たちへの積極採用を増やしてきています。でもそれは、しっかりとした就職活動をした者のみが辿り着ける場所でもあります。以下のことに注意し、そのしっかりとした就職活動を目指してみましょう。
 

就職の準備をする

 大学等を卒業してから就職しようと思うまでの間、これをどう捉えておくかが重要です。且つ、大学等での学生生活も振り返っておきましょう。こうした過去を振り返る作業がこの境遇にいる就職活動者にはとても大切。計画も立てておくこと。期間に余裕を持ち、ステップ毎に目標を定め、計画を立ててみましょう。

【参考記事】
策のない就職活動計画は危険です
自分なりの企業研究を模索しよう
低いと言われる就職率と戦わなければならない既卒
既卒の就職活動期間とは
 

求人情報を探す

 既卒生であれば、きっとほぼ全ての求人に応募することが可能です。選択肢が増える分、選択するのが大変になってきます。就職活動を支援してくれるサイトやサービス、これを活用し選択の目処を立ててみましょう。求人情報収集というのは、時に他の人やサービスの力を借りることが大切なのです。

【参考記事】
仕事探しを効率良く進めるために
使ってみるべき求人情報媒体
既卒はブラック企業に気を付けて!

 

履歴書を作成する

 就職経験がなくとも、もしどこかの時期にアルバイトの経験があるのであれば職務経歴書も作成可能かもしれません。ただ、希望企業にその経験が全く活かせないのであれば履歴書にまとめてしまいましょう。応募書類には学生時代のこともふんだんに盛り込み、就職への意志と活発さ、前向きさなどをアピールしておくべきです。

【参考記事】
履歴書書き方は基本ができているかが重要です
悩む前に知っておこう!履歴書に悩んだ時の解決方法
フォーマットで差が出る履歴書の出来

 

面接に行く

 入室や退室などのマナーにしても、挨拶の仕方や喋り方などにしても、ひとつひとつを丁寧に行うことを意識したいですね。面接はその積み重ねです。伝える内容は、どうしても気持ち的なことになりがちですが、ここにも学生時代のエピソードなどを交えれば、その気持ちにも具体性が増し、良い受け答えができるでしょう。

【参考記事】
面接できっと飛び出してくるであろう質問たち
どこにある?志望動機のコツ
審査対象となる面接時の入室と退室
既卒の就職は面接後のお礼状で差をつけよう!

 

入社準備をする

 入社が決まったら、拾ってもらったことに感謝すべき。その感謝の気持ちを表すのは、充実した入社準備です。具体的な仕事内容はわからなくとも、また、それがどんな仕事であっても、すぐに動けるような心と身体の準備を整え、業界への知識も深めておくことが求められます。
 

【参考記事】
入社手続きで考えたいこと・やっておきたいこと
途中入社に待ち構える壁と注意点
内定後の時間を無駄にしない過ごし方

公開日:
最終更新日:2015/11/02