既卒の就活で苦労されている方に | 成功方法まとめ

*

内定をもらってからする事とは?

   

①内定後の流れと手続き
内定をもらってほっとするのもつかの間、実はこの時点からが大切なのです。転職活動は内定通知を貰って成功!ではありません。複数の会社を受けているのなら、第一志望の会社の採否を待って手続きをしなければいけません。第一志望の会社から内定通知がきた人は本当にその会社に入社するのかどうか?複数の会社から内定がきてまだ入社先を決められない人はどこへ決めるか?自分の人生を左右することですので冷静に考えましょう。
内定通知は必ず書面で受け取り確認しましょう。特に在職中の人は、人材エージェントから通知されるかもしれませんが、正式な内定通知(オファーレター)を貰ってから、今働いている会社の退職手続きに入りましょう。
内定通知書には内定受諾書など会社側に提出する書類がセットになっています。内定通知書には、入社日や所属先、仕事内容など働く時の条件が記載されているはずですので、内容を確認してからサインするようにします。
第一志望の会社に内定した人は会社から郵送してくる「内定承諾書」に記入して郵便にて返送します。その際に内定をいただいたことに関するお礼状をつけるのが良いでしょう。

②注意すべきこと 
面接の際に給与面など具体的な金額が決まっていない人の場合は、内定通知がきてからが交渉の最終タイミングになります。「入社前に給与額や待遇面の質問をしたら内定取り消しになるのでは?」と不安になる人もいるかもしれませんが、そういうことは全くありません。給与額や有給、その他条件面の交渉については人材エージェントを通して入社前に確認するべきです。入社してから条件が違っていたというのでは手遅れです。

内定受諾書などを会社に郵便にて返送する場合、書類一式がどういう内容であるか?を説明するために添え状をつけたりしますが、この添え状に内定をいただいたことに対する感謝を書いても構いません。

内定承諾書には法的拘束力はないので、入社日2週間前であれば内定を辞退することは可能です。しかし一度入社すると自分で意志表示したものを後になってひるがえす・・・というのは、採用してくれた会社に対して非常に失礼なことです。内定受諾書にサインをする際にはよくよく自分で考えてからにしましょう。

 - 就職後について

  関連記事

no image
即戦力とは?~即戦力になるために~

①即戦力について知る  既卒の就活を行うときに、即戦力採用が主な転職サイトを利用 …

体調管理に必要な意識や行動とは?健康な社会人になるために知識を身に付けておきましょう!

健康でなければ渡ってはいけない社会の荒波  これから社会人へとなる予定の既卒者た …

no image
会社のルールを守る!

①会社には会社ならではのルールがある  お客さんとして見ている時にはわからなくて …