既卒の就活で苦労されている方に | 成功方法まとめ

*

事前に働きやすい企業かを調べる

   

①働きやすい企業か調べる
 就職活動において、応募しようかの判断基準として働きやすい企業かどうかを調べることも大切です。働きやすいの基準は人それぞれとなりますが、全体的に言えることは、その企業で働く人の定着率が高いほど、働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。逆に言えば、定着率が悪い、離職率が高い企業は、働く環境が悪いと言えるのです。離職率や定着率は公表されているわけではありませんが、ある程度企業の情報をもとに調べることもできるのです。誰も就職した会社をすぐにやめようと思っている人はいませんよね。そして働くなら環境の良い職場で働きたいと思うのが普通です。そのために、応募する前、もしくは入社前に確認しておくことが大切です。調べる方法としては、企業の従業員数や平均年齢、採用人数などを調べることで、ある程度の離職率を計算することができます。また、採用人数は景気によって変動することが多いですが、全体的に不景気の中でも安定した採用人数を出しているような企業は、新入社員に力を入れているといっても良いでしょう。

②就職3年以内の離職率を調べる理由とは?
 なぜ離職率を調べるのか、それは自分のためです。応募する理由は人それぞれですが、企業に入って成長したい、活躍したい、給料を多く貰いたいなど、色々な理由があります。どれも大事なことではありますが、働く企業の環境が悪ければ、いくら努力したとしても叶わないかもしれません。また、キャリアアップを希望している人は、離職率の高い職場では人材育成に力を入れていない可能性が高いです。人に対して力を入れていない企業というのは、どうしても離職率が高くなっています。離職率の低い企業は人材育成にも力を入れていることが多く、働く社員にとってはやりがいや熱意を持つことができるのです。給与や休日などの待遇面も大事なことですが、人を大事にするかどうかが離職に大きく影響するのです。このように働く企業が離職率が高いのかどうかはとても重要です。単純に働く環境が悪いかどうかだけではなく、自分自身がこれから成長していけるのかどうか、将来的に成功していけるのかの判断材料となっているのです。

 - 情報収集をしよう

  関連記事

2samune
効率的な情報収集をするためのコツ

効率的な情報収集をしよう  既卒が就活を成功させるためには、活動する前に事前に情 …

a0002_011006
求人媒体の種類と特徴

求人情報発信源の種類を知ろう  既卒者が求人情報を手に入れるために利用できる6つ …

既卒はブラック企業に気を付けて!

ブラック企業情報を把握しておこう  既卒が就職活動で気を付けたいことのひとつに、 …

仕事探しを効率良く進めるために

既卒が持つべき仕事探しの意識  当たり前のことですが、企業はそれぞれ特色を持って …

使ってみるべき求人情報媒体

既卒が使いたい公共サービス  新卒者と比べれば確かに厳しい就職活動となるのかもし …