既卒の就活で苦労されている方に | 成功方法まとめ

*

既卒者が就活するために必要なこと

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • 求人件数は業界No1の豊富さ!
  • 時間がなくても就活が出来るスカウト機能あり
  • 未経験可能の求人も多数掲載
  • 簡単!1分登録公式サイトはこちら

    利用者の声
    良かった
    既卒で就活を行ってきましたが、新卒サイトだけでは、なかなか面接までたどり着けないので、選択肢を広げる意味でリクナビNEXTにも登録しました。大手企業や中小企業、ベンチャー企業と、求人を出している会社の規模もさまざまですし、いろいろな業界や職種の求人情報が集まっています。また、未経験者OKの求人も多いので、選択の幅が広がりました。いまは、積極的にエントリーするようにしています。
    良かった
    リクナビNEXTでは、転職活動に関するさまざまなコンテンツが用意されている。「プロ論」や、「働きごこちの40の視点で見えてくる!迷える会社選びスッキリ解決チェック」を読んで、これまで会社の知名度やイメージだけで求人を選り好みしてきたことに気づいた。改めて自己分析や業界研究をして、興味を持てる企業に応募したところ、早々に内定をもらえた。リクナビNEXTに登録してよかったと、心から思う。
    普通
    既卒の自分が希望条件を登録したところで、応募できる求人はさほどないだろうと諦め半分でしたが、毎週相当数の新着情報が届いています。これが自信となり、自分にも企業からのスカウトがあるかもしれないと考え、「けいれきナビ」を使って、匿名レジュメも登録。オファーを待ってみましたが、やはり職歴がない既卒者は、企業の採用担当者の目に留まることはないようです。職歴がない部分をどうアピールするかを、いろいろなコンテンツで学んで、採用選考に臨みたいと思います。


    就活の流れをつかむ

     大学を卒業するまでに内定をもらえなかった既卒者の中には、焦りを覚えている人も多いでしょう。周りの同級生は就職が決まり、春から新しい人生を歩んでいるのに、なぜ自分だけ…と落ち込むこともあるでしょう。

     既卒者の就活は本当に難しいのでしょうか。あるデータによると、若年者の採用を検討している企業のうち7割以上が「既卒者も歓迎」という回答をしており、新卒にこだわるわけではなく人物を重視している企業が多いようです。すぐにでも働くことの可能な既卒者を採用するということは、企業側にとってもメリットがあるので、既卒者が一概に不利とは言えません。

     まずは1社でも受けてみて、就職活動の流れを把握しましょう。そのためには情報収集が必要です。ハローワークや就職サイトで求人の検索をしたり、OB・OG訪問や就職セミナーを受けるなどして徹底的に情報を集めましょう。

    既卒者OKの求人情報を集める

     情報を集めるためには、複数の就職情報媒体をチェックすることが大事です。新卒者に比べて、既卒者向けの求人というのは数は多くありません。ハローワーク、就職サイト、就職情報誌など色々ありますが、中でも就職サイトには様々なメリットがあるのでぜひ活用しましょう。

     「リクナビNEXT」では「既卒」で検索すると既卒者OKの求人情報を見ることができますし、また既卒・第二新卒者向けの求人サイト「Re就活」や「リクナビダイレクト」などもあります。人材紹介会社に登録するという方法もあります。登録すると専任のアドバイザーが付いてくれて、希望する条件の求人を紹介してくれたり就職活動の進め方や面接の方法を指導してくれるなどのサポートが受けられるほか、一般には公開していない案件もあり情報量も豊富です。自分に合う媒体を探して情報を収集しましょう。

    既卒者の面接の心得

     面接まで進むことができたら、あとはアピールするのみです。既卒ということで不安を感じている人もいるでしょうが、採用側は新卒か既卒かと言うよりも、主に人間性を見ています。面接で正しい受け答えをできるかどうかによって、内定をもらえるかがかかっています。ポイントを押さえてしっかり準備しておくことが大切です。

     既卒になった理由は必ず聞かれるでしょう。既卒になったこと自体はマイナスに取られてしまいますが、その経験をどう活かしたかや努力したことなどを伝えることが大切です。前向きな姿勢で、この人と一緒に働きたいと思ってもらえるように、真摯な態度で自分の思いを伝えましょう。

    ★ここがポイント!
    ・既卒になったことからどのような努力をしたかを伝える
    ・前向きに真摯な態度で臨む

     なかなか思うように就活が進まないこともあるかもしれませんが、あなたの良さを理解してくれる企業が必ずあるはずです。諦めずに意欲を持って取り組んで、ぜひ内定を勝ち取ってください。

    公開日:
    最終更新日:2015/04/07